Pacific Paradise
バツイチサラリーマンの備忘録。競馬とアイドル、時々グルメ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球征服?
日本が軍国主義へ傾倒していて東アジアの安全が脅かされている、
などと騒ぎ立てることが大好きな国の、大統領のご発言。

盧武鉉大統領「衛星打ち上げで地球征服した気分」

ここぞとばかりに日本から抗議などしてしまったら、
あちらの国の人たちと変わらなくなってしまうので、
ここは「ほほぅ」と静観しておきましょう。
ただし、記録しておくことは重要です。
書き留めておきます。

スポンサーサイト
飲酒運転は殺人に等しい。
静岡県知事・石川嘉延氏の発言には、殺人幇助を適用しても
よいのではないかと思われるほど(実際はそうはいかないでしょうが)
あきれてしまいました。

「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事

飲酒のうえ運転をした人に厳罰を処するのは、対象が公務員だからなどと
いうことは一切関係ありません。
飲酒して車を運転するという行為が、人ごみで刃物を振り回すに等しい、
大変危険な行為だということで、今までの処分がゆるすぎたのです。

こういう感覚を持った人を、静岡県民は知事に選んではいけません。
次回は、石川氏および石川氏が推薦する人を選ぶべきではありません。

Then, what's your nationality?
You are sure to suffer from even being Japanese, poor teachers.
Now, you can choose your own nationality.
Please don't hesitate to get out from Japan, my loveliest country.

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決


研究という仕事。
今日、午前中に開催した会議で、部下を叱りました。
理由はふたつありました。
一つは、研究員として仕事をするということは、
データや文献、資料などの情報を集約して次の一手を考え、
考えたものを具現化するために手を動かして、
実際に姿かたちに現し、そのものを使ってさらにデータを取り、
という作業を繰り返すことであるのだと思うのですが、
彼は「その辺にあったもので作り始めた」という言い方をし、
「考える」ことを放棄してしまっていることでした。
そのような仕事は研究ではない、という理由で、
彼を叱りました。

もう一つの理由は、一つ目の理由でわたしから指摘を受けるのが
彼にとって今回が初めてではない、ということです。
様々なデータや資料からどのように着想したか、
その思考する過程がすごく重要だ、ということを、
わたしは今のポジションに着任して半年、
折に触れて話してきたつもりでした。
特に彼には、一対一の面接のときにも言いました。
思考の過程を記録せよ、とも指示しました。
同じミスを繰り返すのは、いけません。

そこで今朝は、初めて彼を叱りました。
決して声を荒げることのないように、一つ一つ、
わたしが感じたことについて指摘し、
何に対して叱っているのかを理解してもらおうと
懸命にしゃべったつもりでした。

わたしがしゃべり終えたときのことでした。
すぐに彼の先輩に当たる社員からフォローが入ったので、
味方がいると感じたのか、わたしに対して彼は口答えを
してきました。

わたしの頭には血が上っていたのですが、
その口答えのおかげで、すぅーっと引きました。

どんな情報を基にしてどのように思考し、何を作ろうと
考えたか。そしてどのような方法でそれを作ったか。
作ったもののデータは、思考の過程と照らして、
そのとおりのものだったか、ずれていたか。
作業仮説の検証の後、次の思考へと移り、また改良を進める。
メーカーの研究所に勤める研究員の仕事というのは、
作業仮説を立て、検証する、ということを繰り返して
製品の改良をしていくものだと思います。
思考の過程を記録せず、どうやって後の検証ができるのか。
思考することを放棄して、どういう改良ができるのか。

彼とわたしの間には、研究というものの捕らえ方に
大きな溝があったと考えるしかなさそうです。

着任早々目に余るものを感じていたものの半年は我慢しよう、
と思って今まで指導をしてきましたが、これですっきりしました。
彼への評価は固まりました。
良かったのか悪かったのか。。。
良かったと思わなければやってられない、と思うようにして、
明日からまた仕事に励もうと思います。

さるお。
最近、うちの村に引っ越してきました。
060905_2141~01.jpg

確か期間限定のキャラだとmixiの「どうぶつの森」コミュニティで
見かけたことがあります。
かわいいんだもんなぁ。
引っ越していかれないように、大事にします。

水からの伝言。
また、とんでもない疑似科学が出現したものです。
わたしは今日まで、こんなものがあるとは知りませんでした。

水に「ありがとう」「こんにちは」などの文字を見せたり、
クラシック音楽を聞かせたりすると、その水を凍らせた際に
できる結晶が、とても美しいのだそうです。
何でも、優しい言葉や音楽から出てくる「波動」が
結晶形成に影響を与えているのだそうです。
そうやってできた氷の結晶を撮影したものを集めた本まで
発売されています。

ここまでは、結晶の写真集として見れば問題ないように感じましたが、
なんとこの「現象」を学校で「道徳の授業」として教えている、
という記事を読み、驚いてしまいました。

人間の体はほとんどが水でできています。
だから他人には優しい言葉をかけてあげるようにしましょう、
というもの。

「他人に対して優しい言葉をかけよう」は賛成。
でもその根拠として「波動」を持ち出すのは、反対です。
だって、子供たちが信じてしまうではないですか。
言葉から「波動」が出ているなどという、笑えないウソを。

信じている人には感じたり、見えたり、するのでしょう。
そういった「信仰」を否定することまではいたしません。
しかし、無生物である「水」が、文字に書かれた言葉に
影響されるようなことは決してありません。
紙に書かれた文字から、その文字の意味によって、
異なる「波動」なるものが出てくることも、現代科学では
決して起こりません。

こういった疑似科学を主張する場合には、
どこかで巧妙なごまかしが隠れています。
たとえば氷の結晶ですが、結晶形成は偶然の産物で
形や大きさもそれぞれですので、撮影する際に、
きれいな結晶ができるべきときにはきれいなものを、
崩れた結晶ができた方が良いときには形の崩れたものを、
それぞれ恣意的に選んで撮影しているものと
考えることができます。
わたしは実際には撮影した現場を見ていませんので、
「そうではない、美しい言葉のときは全ての結晶が美しいのだ」
と主張されてしまったら、
「では目の前で再現してみてください」
とお願いするしかないのですが。。。

過去の科学の歴史を見れば明らかなように、
説が唱えられ始めたときには「そんなことはありえない」
と叩かれた学説であっても、後に正しいことが証明された
学説は、地動説を取り上げるまでもなく、たくさんあります。
ですので、
「美しい言葉の文字からは美しい波動が出ている」
「その波動の影響により、水の結晶が美しく形成される」
という物理化学が未来永劫、正しくないとは限りません。
「将来にわたって正しくないこと」を証明するのは難しいことですから。
ただし、現存する測定機器にかからないものを「波動」と呼んで
主張するのはナンセンスです。「信仰」です。

そういったものにだまされないようにしたいものです。
「マイナスイオン」とか「ポリウォーター」「低温(常温)核融合」、
一部の大変危険な民間療法(アレルギーに変な塗り薬など)。。。



FC2カウンター



プロフィール

はるか&そら

Author:はるか&そら
ようこそ!!
風邪引いて会社休んでBlog新設。
なんかいいことないかなぁ。



これ、いいでしょ。



ええらしい。



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



「ゆたか」と申します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。